ブログ

小池建設サイト管理者のページです。

ブログ一覧

令和2年度 飯田市優良工事表彰を受賞


飯田市は11月26日、2020年度(令和2年度)優良建設工事の表彰式を市役所内で開き、選定された3工事を施工した小池建設他2社を表彰しました。
今年で31回目となった表彰式には、飯田市議会から湯澤啓次議長をはじめ、総務、社会文教、産業建設の各委員長、さらに長野県建設業協会飯田支部の北沢資謹支部長や飯田建設業クラブの長坂亘治会長らが出席し受賞者をたたえました。今回受賞した工事は、道路舗装補修工事、道路舗装工事、橋梁長寿命化修繕工事と、身近なインフラに関わる工事が対象となりました。
式典で佐藤健市長は「いずれも、いろいろ制限される中、施工に工夫を凝らし、大変すばらしい仕上がりをしていただいた。市民のために立派な工事を施工していただき感謝申し上げる」と受賞者をたたえました。その後、優良建設工事が紹介され、工事を施工した会社の代表者と現場代理人に賞状と記念品が佐藤市長から贈呈されました。

【2020年度飯田市優良建設工事表彰】
  令和元年度社会資本整備総合交付金事業道路舗装工事
  現場代理人滝澤 和也

【工事場所】 市道2-69号船渡高森線 飯田市龍江萩ノ平
【工事概要】 施工延長L1494m、W6.0m、舗装工A9400㎡、排水工 自由勾配側溝(300×300型 L95m、300×400型 L6m)、横断用自由勾配側溝300×400型 L5m、横断用側溝300型L15m
【表彰理由】 当該工事は、樹園地を通る山間部1.5㎞の舗装工事であり、農耕者や地域住民の通行確保、一般車両の迂回周知など、地元調整を十分図られ、安全管理に留意した施工が行われた。また、曲線部が多いうえに縦断勾配も急であるが、上層路盤工の適正な敷均し、アスファルトの温度管理や平坦性管理も徹底した管理がされ、書類からも適正な出来形管理および品質管理が確認でき、出来栄えも良好である。

2020年12月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

長野県SDGs推進企業登録

SDGsとは
SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。エス・ディー・ジー・エスと読まれる方がいらっしゃるのですが、最後はGoals(ゴールズ)の略です。SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標で、17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。
 
 SDGsの理念は、「誰ひとり取り残さない(No one will be left behind)」です。今日、従来の途上国における貧困や飢餓の解消のみならず、グローバル市場経済の拡大のなかで格差社会の歪に取り残された人たちの貧困や教育、雇用など、先進国においても新たな社会課題が顕在化しています。こうしたすべての国・地域の人々を包摂した普遍的な問題、さらにはエネルギー、都市インフラ、ライフスタイルなど2000年代以降の新たな課題を包括する目標としてSDGsは生まれました。
 経済成長か環境保全か、途上国か先進国か、など従来の二項対立的な考え方を乗り越えて、経済の成長も、社会の安定も、環境の保全も同時に実現していくために、まず大きな理想を描き、ゴールに向けて各々の責任と役割において行動していくための「道しるべ」となるもの、それがSDGsです。
 長野県は、SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて優れた取組を提案する「SDGs未来都市」として、平成30年6月、他の28自治体とともに、全国で初めて選定されました。そして様々な団体等との連携のもと、幅広いアイディアを取り入れながらSDGs(持続的な開発目標)の効果的な発信と理解の促進を図るため、県とともにSDGsの効果的な普及(官民連携によるSDGs(持続可能な開発目標)普及促進事業)に意欲的に取り組む事業者として、長野県SDGs推進企業に登録しました。
 

 

 SDGs 達成に向けた宣言書(要件1)

 

 SDGs達成に向けた具体的な取組(要件2)

 

 

 

 

 

2020年2月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

社会保険加入促進宣言企業

当社は、長野県建設業社会保険加入推進地域会議において採択された、「社会保険加入を進めるにあたって守るべき行動基準」を遵守することを宣言し、「社会保険加入促進宣言企業」として認定されました。
   

2020年1月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

南信州民俗芸能パートナー企業制度

「南信州民俗芸能パートナー企業制度」とは南信州の民俗芸能を確実に未来へ継承するため、民俗芸能保存・継承団体の取組に協力し、支援いただける企業・団体の皆様を、県が「南信州民俗芸能パートナー企業」として登録する制度です。
小池建設ではこの趣旨に賛同し、民俗芸能の継承活動を支援することを目的として、南信州広域連合と協定を締結いたしました。

協定書に署名                  登録証授与
 

今回協定を締結した企業の皆様と記念撮影

(左)南信州地域振興局長   (中央)弊社代表取締役   (右)南信州広域連合長

2019年11月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

ISO 45001

ISO 45001とは、労働安全衛生に関するISO規格です。2018年3月、OHSAS 18001からISO規格化されました。
企業活動の中で労働安全衛生上のリスク(事故)が発生した場合、事後対策に膨大なコストが生じ、生産活動にも支障をきたします。また、取引先、顧客、社員とその家族からの信頼を一瞬にして失い、管理者・経営者の責任が問われ、社会的批判や裁判・制裁を受ける事になりかねません。
ISO 45001は、このようなリスクを防ぎ、労災および労災によるロスを削減、軽減することはもちろん、組織全体に労働災害の防止の仕組を適用し、労働者の福利厚生や組織の効率を向上させるための、労働安全衛生マネジメントシステムです。
ISO 45001:2018のシステムは、以下の規格要求事項に沿って、PDCAを構築します。

弊社では、既に認証取得済みであるマネジメントシステム「ISO9001」「ISO14001」のマニュアルをベースに作成された、ISO45001のマニュアルに基づき2019年2月より運用を開始しました。今まであまり蓄積されてこなかった「ヒヤリ・ハット」事例を現場サイドから吸い上げる工夫を行い、リスクアセスメントをより効率よく、そしてより現実的なものとするため全社員が一丸となって取り組んだ結果、2019年8月にISO45001登録審査の承認を頂きました。


 

 

 

 

 

「ISO45001」労働安全衛生マネジメントシステム 登録証

  

  

2019.8.29

2019年8月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin