事業一覧

事業一覧

令和2年度 小渋ダム土砂掘削工事

工 事 名:令和2年度 小渋ダム土砂掘削工事
工事場所:長野県上伊那郡中川村大草地先
工  期:令和3年3月10日~令和3年11月30日
工事内容:河川土工(掘削工14,100m3、残土処理工16,130m3)・仮設工1式
発 注 者:中部地方整備局 天竜川ダム統合管理事務所
 
 今回この工事を担当します現場代理人の鈴木フェリペユキオと、主任技術者の 太田 宏です。
昨年と同じメンバーですが、よろしくお願いいたします。
 この工事は、大雨時の災害発生を低減する目的で、小渋ダム内に溜まった土砂を掘削して外へ出し、ダム内に多く貯水させる事を目的とした浚渫工事です。
 今回の施工箇所は昨年と同じ場所である、県道59号線(松川インター大鹿線)滝沢橋下の堆積した土砂の掘削と、ダム湖内仮置場からの土砂受入れ地までの搬出する工事です。
搬出時は大型ダンプトラック十数台が一般道路の運行しますので、近隣の皆様に ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、何卒御理解とご協力をお願い致します。
 
 この工事は、大型ダンプトラック十数台が一般道路を走行する為、全車両に営業無線を配布して走行時の道路状況の連絡を密に取合い、一般車、ダンプトラック同士の避け合い等に役立て、安全に走行する予定です。
 また運行管理システムを使用して、全ダンプトラックへGPSを搭載させて走行する事で、スピードの出し過ぎはないか、決められた運行ルートで走行しているか、車間距離を保って走行しているか等、安全走行の管理 確認する予定です。
 更に、ダンプトラックへ土砂を積み込む際、過積載防止対策として積込み機械に積載量の計測が出来る装置を取付けて、積込み機械の運転手が手元のモニターで最大積載量を超えない様に重量の確認して作業を行います。
 この事から、一般道路の破損を抑制、CO2の削減することにもつながり、環境にやさしい工事をします。この工事が無事故、無災害で終わる様に、協力会社及び弊社一丸となって頑張っていきたいと思います。

2021年4月5日

令和3年度 天竜川飯田地区堤防維持管理修繕工事

工 事 名:令和3年度 天竜川飯田地区堤防維持管理修繕工事
工事場所:飯田河川出張所管内
工  期:令和3年4月1日~令和4年3月31日
工事内容:河川維持作業 1 式、堤防除草工 1 式、ひ門・ひ管工 N=2 箇所、河川土工 1 式、伐木
除根工 1 式
発 注 者:国土交通省 中部地方整備局 天竜川上流河川事務所

令和3年度 天竜川飯田地区堤防維持管理修繕工事の現場代理人を務めさせていただきます山岸 大希と申します。この工事は天竜川の堤防の陥没や亀裂などの異常を早期発見するために堤防の除草作業を行います。除草範囲としては、天竜峡から高森町までを行います。その他にも天竜川堤防に関わる河川構造物等の機能回復を目的とした維持修繕工事も並行して行っていきます。除草作業、維持管理作業中は堤防道路を利用している皆様、堤防沿いの地元関係者の皆様など多くの方々にご迷惑をお掛けしますが、何卒工事へのご理解ご協力をお願い致します。


 この工事は、1級河川天竜川の堤防、河川構造物の安全性を確保するための工事です。主な工種である堤防除草工は、堤防の異常(陥没や亀裂など)を早期発見するための作業です。5~7月と9~11月の2回行います。広大な面積の中、機械及び人力により行い、機械除草の機械については、大型遠隔操縦式草刈機を用いて施工します。同時に維持修繕工事も行いますが内容としては、出水時に大水が河川内を上手く流れるよう河川内の河道掘削や伐採・除根作業、堤防道路のアスファルト舗装、支流などの土砂撤去等、河川構造物の機能回復等を目的とした工事を行います。
 また、台風等の大雨による天竜川の増水時は当社社員で巡視班を構成し、天竜川上流河川事務所と合同で堤防・護岸の河川管理施設の状況を点検するとともに、水防作業等の必要な情報を収集し、緊急かつ適正な処置を講じます。増水による甚大な被害が起こらないよう、巡視作業を行える体制を整え、天竜川堤防の被害を早期に発見する事ができるようにします。自然災害が多発する近年少しでも災害復旧を行い地域に貢献できればと考えております。工事範囲が下伊那郡天龍村~高森町山吹までと広範囲であり、同時に複数個所での作業がある為、施工体制を整え安全第一に工事を進め、無事故無災害で工事を竣工できるよう努めて参ります。

2021年4月7日

令和2年度 天竜川山吹築堤護岸工事

工 事 名:令和2年度 天竜川山吹築堤護岸工事
工事場所:長野県下伊那郡高森町山吹地先
工  期:令和2年8月18日から令和3年3月26日まで
工事内容:河川土工 1式、護岸基礎工 1式(プレキャスト基礎A型 L=535m)、法覆護岸工 1式
(石積(張)工 A=833m2、多自然型護岸工 A=2,180m2)、根固工 1式、水制工 1式
構造物撤去工 1式、仮設工 1式
発 注 者:国土交通省中部地方整備局天竜川上流河川事務所
 
 今回この工事の監理技術者を務めさせていただきます 監理技術者の小池昂史と現場代理人の森本聖大と申します。
 この工事は、台風や大雨による河川の増水から堤防を守ることを目的とした護岸工事になります。
工事ではICT施工「ドローンによる起工測量、三次元設計データ作成、ICT建機による施工」等を行い、工事現場をより早く、より安全に施工しするよう努めていきます。また当現場では週休2日制を取り入れ、安心して働くことができる現場環境にしたいと思っております。
 近隣の皆様には資材搬入や生コン車、残土搬出などで大型車両の通行や騒音等、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、細心の注意を払いながら進めてまいりますので、何卒ご理解ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 
◆この工事はICT活用工事です◆
 3D-MGショベルはマルチGNSS受信機による正確な位置把握により、杭打ちや出来形管理等の測量作業の軽減が可能です。オペレータはモニターに表示される設計とバケット位置との差を常に確認しながら作業ができ、正確な作業が行えると共に作業負担が軽減されます。経験や感覚に頼っていた作業から、信頼性の高い確実な施工を実現します。丁張り設置もほとんど不要となり大幅にコスト削減できると共に、高効率な作業が可能になります。
 バケット位置は常に画面に表示されるため、貯水池などの曲線の多い複雑な形状の掘削や刃先の見えにくい場所、水面下などでの作業においても設計通りの施工が実現します。

2020年10月19日

令和2年度 三遠南信八重河内道路建設工事

工 事 名:令和2 年度 三遠南信八重河内道路建設工事
工事場所:長野県飯田市南信濃
工事内容:工事延長 L=300m、道路土工 1 式、地盤改良工 1 式、擁壁工 1 式
全体工期:令和2年7月10日から令和3年3月19日まで

青崩峠(あおくずれとうげ)は静岡県浜松市天竜区水窪町奥領家と長野県飯田市南信濃八重河内の間にある標高1,082mの峠です。峠付近の地質構造は、中央構造線による破砕帯となっており、山腹に広がるむき出しになった青い岩盤から峠の名前が付けられました。静岡県側・長野県側ともに、国道152号の端点から林道、遊歩道(かつての塩の道)を歩いて峠にたどり着くことができ、武田信玄による1572年の徳川領侵攻において、軍兵の一部が通過したことでも知られています。
今回の工事は三遠南信自動車道の一部として、この青崩峠道路延長13.0kmの区間内で主に補強盛土を行う工事です。緑豊かな自然に囲まれたこの一帯には希少な動植物が数多く存在するため、環境負荷を極力抑え自然にやさしく思いやりのある工事の進行に心掛けて参りたいと思います。

  ➡ この工事はICT活用工事です
-Construction の3本の柱の一つである施工の情報化(ICT施工)において、UAV(Unmanned Aerial Vehicle、無人航空機)を測量に用い、3次元計測を行います。上図は、デジタルカメラで撮影した画像を、三次元形状復元ソフトを使用して高密度な3次元点群を抽出したものです。パッと見た時に写真のように見えるかもしれませんがRGB情報を持った点の集まり(点群)で出来ています。三次元形状復元ソフトとは、空中写真からSfMにより特徴点を抽出して撮影状態を求めるとともに、撮影状態に基づきMVSにより空中写真から高密度に三次元点群を抽出し、三次元形状を復元するものです。この技術を用いて起工測量から出来形計測まで面的な測量を行います。

3Dビジュアライズした3次元CADシステムで、現場での打合せ、シュミレーション、施工フェーズでの活用例です。道路や法面などの土木施工専用コマンドに属性や情報を付加することで3D-CIMモデルを構築します。これにより、2Dデータでは分かりづらい施工前のシミュレーションをあらゆる角度から3Dで確認できると共に、モデルに付加された属性情報を一元管理し、維持管理フェーズにおいて施工情報データベースとしても活用が可能となります。

2020年7月27日

令和2年度 老朽管布設替工事に伴う給水切替工事

工 事 名:令和2年度 老朽管布設替工事に伴う給水切替工事
工事場所:飯田市 上郷 下黒田
工 期:令和2年10月8日~令和3年1月29日まで
工事内容:給水切替 N=36箇所 対象戸数 N=133戸
発 注 者:飯田市
 
 老朽管布設替工事に続き、この工事の現場代理人を務めさせていただきます三石翔太と申します。地元の方々、関係機関の方々と協力し合い安全第一で工事を進めたいと思いますので宜しくお願いします。
 この工事は老朽管布設替工事に伴う各戸の給水管のつなぎ換えをおこなう工事です。現在の古い給水管の中には鉛製給水管が使用されているお宅もあります。事前に対象の各お宅お伺いし鉛製給水管の使用有無、工事内容の説明をおこない工事を進めていきたいと思います。。今後も作業員の皆さんと協力し合い、良い仕事、施工をしていきたいと思っておりますので、工事中は近隣の皆様にご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、何卒御理解とご協力をお願い致します。
 
 給水管の布設替の工事は各戸、個人個人の方お客様に直接接し、直接生活に影響がある大事な仕事だと考え日々工事を進めています。
 飯田市の古い時代には各戸の給水管に鉛製のものが使用されており、身体にもあまりよくないという事が近年分かり、ビニール管、ステンレス管への取り換え工事がおこなわれています。今回の工事では対象の方々の給水管を調べ、鉛製給水管を無くし飯田市のおいしい水を皆様が飲んでいただけるよう努力致します。
 工事にあたっては事前に工事時期、工事内容のご説明に伺いますので、不明な点、ご要望があるときはお声掛けください。 
 工事を進めていくうえでコロナ対策が一番重要なことと考え個人と接する時のマスクの着用、事務所、現場作業車への消毒液の配備等、対策をしっかりとおこない工事を施工したいとおもいます。
 最近給水管の破損による漏水事故が増えています、水道のメーター器を見ると簡単に確認ができますので月に1回程度はチェックの方よろしくお願いします。
 最後に季節も冬になり寒くなってきました。皆様水道管の凍結がないよう凍結防止ヒーターのコンセントを差し込む等十分な対策をお願いします。

2020年12月26日