事業一覧

現在施工中の工事をご紹介します。
  
令和2・3年度 道路メンテナンス事業 橋梁長寿命化修繕工事
令和2年度 国補道路災害関連工事 加々須5工区
令和2年度 三遠南信二日洞地区工事用道路建設工事
令和2年度 防災・安全交付金(防災・減災)災害防除工事(神原トンネル)
令和2年度 小渋ダム土砂掘削工事
令和3年度 天竜川飯田地区堤防維持管理修繕工事
令和2年度 天竜川山吹築堤護岸工事
令和2年度 三遠南信八重河内道路建設工事

事業一覧

令和2・3年度 道路メンテナンス事業 橋梁長寿命化修繕工事 富田沢橋

工事名:令和2・3年度 道路メンテナンス事業 橋梁長寿命化修繕工事                  工事場所:市道1-64号牧野内机山線 飯田市 下久堅 富田沢橋
工 期:令和3年3月12日~令和3年10月29日まで
工事内容:施工延長 L=96.0m W=6.5m  舗装打替え工 A=630m2  排水管取替 L=166m   表面被覆工 443m2  根継工 N=1式
発注者:飯田市役所
 
 はじめまして。今回この工事の現場代理人を務めさせていただいております小山和博と申します。関係機関の方々と協力し合い安全第一で工事を進めたいと思いますので宜しくお願いします。
 この工事は昭和64年に完成した富田沢橋ですが、30年以上経過しており傷んだ道路舗装、さびが多く見られる橋の高欄の塗装をする仕事をしています。現在は、アスファルト舗装をするため、日々橋の上での施工を作業員一丸となっておこなっています。今後も作業員の皆と協力し合い、良い道を作っていきたいと思っておりますので、工事中は近隣の皆様にご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、何卒御理解とご協力をお願い致します。


 根継工
 
 昨年の豪雨被害の影響で富田沢橋の橋脚の下が掘られてしまったため、橋脚をコンクリートで補強するために作業しています。 作業箇所の足元が悪く危険なため、法面保護のために丸太柵を設置し作業スペースを設け安全に作業ができるよう取り組んでいます。
 また、富田沢橋は山間のきれいなアーチ橋ですが橋の下は不法投棄が多く環境がとても悪い場所になっていました。 当社は環境美化活動にも取り組んでいるため作業開始前に右岸、左岸のゴミ拾いをおこないました。工事が完了した後もきれいなままでいることを願っています。


 表面被覆工
 
 橋の高欄の塗装には現在では特定有害物質にあたる鉛やクロムを使用されている場合があり、本工事は塗装作業をする前段階で橋の高欄の塗装の塗膜片を採取し、分析機関へ持ち込み分析を行い、鉛やクロムが使用されていないことを確認してから施工をおこないます。使用が確認された場合は高欄部を足場、シート等で完全に覆い周りへの飛散防止措置を確実におこない、出入り口にはクリーンルームを仮設し、作業員は体に害のないよう防護服、防護マスクを着用し作業にあたります。
 また、冬の塩カル散布等により、高欄に高い塩分量も確認されたため高圧洗浄機等を使用してしっかりと水洗いし塩分を除去し塗装をおこない、いつまでも景観の良い富田沢橋でいられるよう努力してきます。引き続き満足のいく品質を確保して快適にそして安全に通行できる道路作りを、作業員と一致団結して取り組んでいきたいと思います。竣工後、市道1-64号牧野内机山線をご利用の方はぜひこの道路を通ってみてください。


2021年4月30日

令和2年度 国補道路災害関連工事 加々須5工区(2号橋)

工 事 名:令和2年度 国補道路災害関連工事
工事場所:(一)大島阿島線 下伊那郡喬木村 加々須5工区(2号橋)
工  期:令和3年2月25日から令和3年10月22日まで
工事内容:橋梁下部工 N=2基 護岸工 L=52m
発 注 者:飯田建設事務所
 今回この工事の現場代理人を務めさせていただきます 今村昭洋 と申します。
本工事は、昨年の7月豪雨の影響で土砂崩落した大島阿島線での災害復旧工事となります。
現在災害復旧による仮設道路が設置されておりますが、道幅が狭く大型車両の通行が困難です。また、河川の増水で水没してしまう高さにある為、昨年のような大雨による増水が有ると通行ができなくなってしまう状態です。
今回、本格的な復旧工事を行うこととなり、6つの工区に分けその内の一工区で2号橋の橋台を施工することとなりました。
多くの工事用車両が出入りし周辺でのすれ違い等、通行される皆様に大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願い致します。

橋台とは
橋の下部構造で、橋桁などの上部構造の端部を支持し、橋の荷重を地盤に伝えるものです。
今回施工するのは逆T式橋台というもので、Tの字を反転させたような形状であり、背面土砂の自重により安定を保つ構造をしたものです。

 

2021年4月30日

令和2年度 三遠南信二日洞地区工事用道路建設工事

工 事 名:令和2年度 三遠南信二日洞地区工事用道路建設工事
工事場所:長野県下伊那郡喬木村氏乗
工  期:令和3年4月5日~令和4年3月18日
工事内容:仮設工 仮橋・仮桟橋工(仮橋部)1式 仮橋・仮桟橋工(構台部)1式
発 注 者:国土交通省 中部地方整備局 飯田国道事務所
 
 今回この工事を担当します現場代理人の石黒 良光と監理技術者の吉沢 潤一です。
この工事は三遠南信自動車道(飯喬工区)を工事するための工事用道路を鋼製の仮橋で延長し道路をつくっていく工事です。
急峻な地形での危険な作業になりますので安全管理を適切に行い、協力会社の方々と協力し合い工事を進めていきたいと思います。工事期間中、地域の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、安全第一で工事を行っていきますので、ご理解ご協力をいただきますようお願い申し上げます。
 
 飯喬道路は、三遠南信自動車道の起点である飯田市山本の中央自動車道~同市上久堅の飯田上久堅・喬木富田ICを経て喬木村の喬木ICに至る22.1kmの自動車専用道路です。
 飯喬道路は、既存の中央自動車道と有機的に結びついた高規格幹線道路の効率的ネットワークの形成、高速サービス圏域の拡大に資する区間であるとともに、飯伊地域の中心都市飯田市に集中する交通の分散を図る観点からも、一般国道151号、153号、256号をハシゴ状に結ぶ環状道路としての整備が必要な区間です。
【整備効果】①「高規格幹線同道路網を補強し、広域的な交流促進を実現」飯喬道路小川路峠道路開通により、飯田市役所からの1時間圏内が拡大します。②「地域経済基盤構築の支援」長野県全体の観光客が減少するなかで、南信濃への観光客の伸びは著しいものがあります。飯喬道路、小川路峠道路の整備による「広域的交流促進」「生活道路の安全性・信頼性向上」等の効果により、遠山地域< 遠山温泉鄕>への観光客の更なる増加が期待でき、地域の経済の発展・活性化が期待できます。
 そのためにも良質で安全な道を作る必要があります。良質で安全な道を作るには、まず自動車道を作るための工事用道路から良質で安全な道路を作る必要があると思うので作業員の皆さんと協力し合い良質な道を作っていけるよう頑張っていきます。

2021年4月22日

令和2年度 防災・安全交付金(防災・減災)災害防除工事(神原トンネル)

      神原トンネル      

工 事 名:令和2年度 防災・安全交付金(防災・減災)災害防除工事
工事場所:(国)418号 下伊那郡天龍村 神原(神原トンネル)
工  期:令和2年12月11日~令和4年8月2日
工事内容:トンネル工(NATM工法)  L=750.0m W=6.0(7.0)m
発 注 者:長野県飯田建設事務所
施 工 者:岡谷組・小池建設特定建設工事共同企業体(JV)

起点(新野側)坑口 着工前

ここからトンネルを掘って行きます。

 

 

 

 

 

終点(平岡側)坑口 着工前

ここへトンネルが抜けてきます。

 

 

 

 

 

工事を担当します片桐です。よろしくお願いします。
この工事は、多くのトンネル工事に実績のある岡谷組さんを幹事に「岡谷組・小池建設特定建設工事共同企業体」として施工しています。
私は今までトンネル工事を経験したことがありません。分からないことばかりですが、地元の期待の大きなこのトンネル工事に携われることにやりがいを感じ、楽しみでもあります。
ベテランの岡谷組技術者職員と熟練のトンネル工夫に付いて、少しでも役に立てるように頑張ります。
現在は、準備工として3月下旬よりトンネル掘削に必要な電力設備、吹付プラント、濁水処理施設等の仮設備を設置し、特殊な専用機械を搬入しており、6月上旬にはトンネル掘削を開始する予定です。
 
令和2年1月14日、天龍村神原(的瀬~早木戸間)でR418号は延⻑約100m、⾼さ約70m、崩落⼟砂量約2万㎥という大規模崩落を起こし寸断されました。現在も通行止めのままとなっております。
現道での復旧は難しいことから、復旧対策事業として今回の神原トンネルが計画されました。
R418号はR151号・R152号を結ぶ幹線道路であり、天龍村と飯田市南信濃、阿南町を結ぶ最も重要な生活道路でもあります。また、迂回路となる村道は幅員狭小であり、大雨等による土砂崩落等のため通行止めが頻繁に発生し、円滑な交通に支障をきたしています。
現地に来て地元の方々とお話しを聞くと、多くの皆さんがこのトンネル工事が実施されることをとても喜んで、大変期待しているのが良く分かります。
約2年ほどかかる大掛かりな工事であり、工期は非常に厳しく6月下旬から掘削作業は昼夜二交代制で行い、令和4年の3月末には貫通を目指します。工事期間中は工事用大型車両の通行や騒音等で、近隣の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、安全第一で作業を進めてまいりますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。
また、掘削中には現場見学会の機会を設ける予定ですので、ぜひご来場ください。

2021年4月16日

令和2年度 小渋ダム土砂掘削工事

工 事 名:令和2年度 小渋ダム土砂掘削工事
工事場所:長野県上伊那郡中川村大草地先
工  期:令和3年3月10日~令和3年11月30日
工事内容:河川土工(掘削工14,100m3、残土処理工16,130m3)・仮設工1式
発 注 者:中部地方整備局 天竜川ダム統合管理事務所
 
 今回この工事を担当します現場代理人の鈴木フェリペユキオと、主任技術者の 太田 宏です。
昨年と同じメンバーですが、よろしくお願いいたします。
 この工事は、大雨時の災害発生を低減する目的で、小渋ダム内に溜まった土砂を掘削して外へ出し、ダム内に多く貯水させる事を目的とした浚渫工事です。
 今回の施工箇所は昨年と同じ場所である、県道59号線(松川インター大鹿線)滝沢橋下の堆積した土砂の掘削と、ダム湖内仮置場からの土砂受入れ地までの搬出する工事です。
搬出時は大型ダンプトラック十数台が一般道路の運行しますので、近隣の皆様に ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、何卒御理解とご協力をお願い致します。
 
 この工事は、大型ダンプトラック十数台が一般道路を走行する為、全車両に営業無線を配布して走行時の道路状況の連絡を密に取合い、一般車、ダンプトラック同士の避け合い等に役立て、安全に走行する予定です。
 また運行管理システムを使用して、全ダンプトラックへGPSを搭載させて走行する事で、スピードの出し過ぎはないか、決められた運行ルートで走行しているか、車間距離を保って走行しているか等、安全走行の管理 確認する予定です。
 更に、ダンプトラックへ土砂を積み込む際、過積載防止対策として積込み機械に積載量の計測が出来る装置を取付けて、積込み機械の運転手が手元のモニターで最大積載量を超えない様に重量の確認して作業を行います。
 この事から、一般道路の破損を抑制、CO2の削減することにもつながり、環境にやさしい工事をします。この工事が無事故、無災害で終わる様に、協力会社及び弊社一丸となって頑張っていきたいと思います。

2021年4月5日