事業一覧

事業一覧

令和3年度 小渋ダム松除橋地区掘削工事

工 事 名 :令和3年度 小渋ダム松除橋地区掘削工事
工事場所:長野県下伊那郡大鹿村大河原地先
工  期:令和3 年10 月15 日~(当初:令和4年2月28日)→変更:令和4 年6 月30 日
工事内容:河川土工1式、道路土工1式、仮設工1式、カルバート工1式、構造物撤去工1式
発 注 者 :天竜川ダム統合管理事務所
 
今回この工事を担当します現場代理人兼主任技術者の 太田 宏です。
よろしくお願いいたします。
この工事は、大雨時の災害発生を低減する目的で、小渋ダム内に溜まった土砂を掘削して外へ出し、ダム内に多く貯水させる事を目的とした浚渫工事です。
今回の施工箇所は、松除橋より300m下流に堆積した土砂を50,000m3掘削して、中川村藤公園の土砂受入地までの土砂搬出及び、盛土をする工事です。
土砂搬出時は大型ダンプトラックが一般道路を運行しますので、近隣の皆様に ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、何卒御理解とご協力をお願い致します。
 
土砂搬出時は大型ダンプトラック全車両に営業無線を配布して、走行時の道路状況の連絡を密に取合い、車同士の避け合い等に役立て、一般車優先して安全に走行しています。
また運行管理システムを使用して、全ダンプトラックへGPSを搭載させて走行する事で、スピードの出し過ぎはないか、決められた運行ルートで走行しているか、車間距離を保って走行しているか等、安全走行の管理 確認をしています。
更に、ダンプトラックへ土砂を積み込む際、過積載防止対策として積込み機械に積載量の計測が出来る装置を取付けて、積込み機械の運転手が手元のモニターで最大積載量を超えない様に重量の確認して作業を行っています。
この事から、一般道路の破損を抑制やCO2の削減することにもつながり、環境にやさしい工事をしています。
土砂受入地の藤公園 盛土作業では、ICT機器を搭載した大型機械を使用して、1層30cm毎に敷き均し、締固め作業を行い、安全かつ品質の良い施工を行っています。
この工事が最後まで無事故、無災害で終わる様に、協力会社及び弊社一丸となって頑張っていきます。

2021年10月29日

令和3・4年度 土木施設補助災害復旧事業 道路・河川災害復旧工事

工 事 名:令和3・4年度 土木施設補助災害復旧事業 道路・河川災害復旧工事
工事場所:市道上村102号線・(普)蛇洞沢川 飯田市 上村 日影岩
工  期:自 令和3年8月12日 至 令和5年1月31日
工事内容:道路土工1式、河川土工1式、法面工(法枠工、かご工等)1式、石・ブロック積工1式、排水構造物工1式、舗装工1式、防護柵工1式
発 注 者:飯田市
 
 当工事の現場代理人を務めさせていただきます、熊谷 裕司と申します。                      本工事は、令和2年の豪雨災害で被害を受けた市道上村102号線と102号線の脇を流れる蛇洞沢川の災害復旧工事になります。102号線は被害を受けた護岸の補修、復旧、付替え、崩落した法面の補強として法枠工等を行い、舗装復旧、ガードレールを設置します。蛇洞沢川は河床整理として土砂を排出し、102号線の対岸に護岸工を行います。今年の梅雨及び8月の降雨で蛇洞沢川が再度荒れてしまいました、早期完了を目標に進めてまいりますが、降雨による二次災害に注意し、安全作業に努めます。                                近隣の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、安全第一を心掛け事故の無い様進めてまいりますので、何卒ご協力の程お願い申し上げます。
 
・河川土工には河川内の巨石の破砕があります、大型重機を使用した破砕を予定していますが、不安定な河川内での作業になるため破砕による事故に注意して作業を行います。                      ・蛇洞沢川の現場上流では砂防堰堤工事を行っています、当現場を通らないと行けないため、連絡を密に取り合い進めます。
・降雨による増水が予想されるため、増水時には休工するなど安全第一で進めます。

2021年9月9日

令和3年度市道改良事業 道路舗装工事

工 事 名:令和3年度市道改良事業 道路舗装工事
工事場所:市道1-42号大須線 飯田市竹佐
工  期:令和3年5月24日~令和3年9月30日
工事内容:道路改良工 L=120m、側溝工 L=21.8m、舗装工 A=874.6m2
発 注 者:飯田市役所 建設部 土木課

 今回この工事を担当させていただく佐久間大貴と申します。
 この工事では、年月が経ち老朽化し、ひび割れや凹凸が生じた舗装の補修工事、歩道等の整備を行い、より安全に歩道と車道を利用できるようにする改修工事となっています。より良い道になるよう管理を徹底し、安全に通勤、通学ができるよう工事を行っていきます。交通車両が多く通学路としても利用されているので安全に十分配慮し、また暑い中での舗装工事になりますので熱中症対策を十分し、安全第一を心掛け事故の無いよう進めてまいります。
 本工事は、朝8時30分から夕方17時まで片側交互通行にて工事を行います。近隣の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。

 側溝工では自由勾配側溝(VS側溝)とよばれる側溝を使用します。据付後に底版にインバートコンクリート(調整コンクリート)を打設することにより、道路の勾配に関係なく排水勾配を自由に設定できる側溝です。側溝整備はU型側溝が基本ですが、本工事では、道路の縦断方向に対して、排水方向が逆になるので自由勾配側溝を設置します。

2021年7月25日

令和3年度 天竜川下市田・伴野地区護岸修繕工事

工 事 名:令和3年度 天竜川下市田・伴野地区護岸修繕工事
工事場所:長野県下伊那郡高森町下市田地先~長野県下伊那郡豊丘村伴野地先
工  期:令和3年7月1日~令和4年2月28日
工事内容:工事延長L=200m、河川土工 1式、護岸基礎工 1式、法覆護岸工 1式、
     根固工 1式、仮設工 1式
発 注 者:国土交通省中部地方整備局天竜川上流河川事務所
 
 今回この工事を担当します現場代理人の森本聖大と監理技術者の小池昂史です。よろしくお願いいたします。
 この工事は、台風や大雨による河川の増水から堤防を守ることを目的とした護岸工事になります。
工事ではICT施工「ドローンによる起工測量、三次元設計データ作成、ICT建機による施工」等を行い、工事現場をより早く、より安全に施工しするよう努めていきます。また当現場では週休2日制を取り入れ、安心して働くことができる現場環境にしたいと思っております。
 工事施工箇所が高森町下市田と豊丘村伴野の二か所となり、近隣の皆様には資材搬入や生コン車、残土搬出などで大型車両の通行や騒音等、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、細心の注意を払いながら進めてまいりますので、何卒ご理解ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 本工事ではICT機能のない従来型建機にICTキットを後付けすることで、ICT建機と同程度*1の3Dマシンガイダンスやペイロード機能などのICT機能が利用可能となるシステムを導入しています。設計図面に即した作業ガイダンスにより、丁張作業を削減し、建機外の手元の作業員が不要になります。また高精度の位置情報把握により、ガイダンスの精度をつねに維持するため、経験が浅かったり、ICT建機の操作に不慣れなオペレーターであっても、3Dでカンタンに施工が可能となります。またペイロード機能により、油圧ショベルのバケットで、積込む土の重量を測定できます。作業員がダンプへの積込量を正確に把握できるため、ダンプの最大積載量に合わせて土を積込み、過積載を防ぐこともできます。建機の効率化により、これまでよりも大幅に納期を短縮させながら、安全性・品質の向上が可能になります。日本の土木・建設現場で稼働する建機のほとんどが従来型建機であり、これらのIoT化を促進することで、施工のデジタルトランスフォーメーションによる「安全で生産性の高いスマートでクリーンな未来の現場」の早期実現に貢献しています。
*1 国土交通省i-ConstructionのICT活用工事におけるICT建機に必要とされる機能

2021年7月24日

令和3年度 公共施設等適正管理推進事業(長寿命化)舗装補修工事

工事名:令和3年度 公共施設等適正管理推進事業(長寿命化)舗装補修工事                 
工事箇所:阿智村 村道2-7号線 原の平
工 期:令和3年6月18日~令和3年10月29日まで
工事内容:施工延長 L=250m W=4.0~8.5m  舗装工 A=1038m2    
発注者:阿智村役場
 
 はじめまして。今回この工事の現場代理人を務めさせていただいております高坂春喜と申します。関係機関の方々と協力し合い安全第一で工事を進めたいと思いますので宜しくお願いします。
 この工事は原の平座禅草公園周辺の経年劣化による傷んだ舗装を修繕し地域の方々が円滑に通行できるよう幅4.0mの道路をアスファルト舗装する工事です。現在はアスファルト舗装をするため、日々路盤工の施工を作業員一丸となっておこなっています。今後も作業員の皆と協力し合い、良い道を作っていきたいと思っておりますので、工事中は近隣の皆様にご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、何卒御理解とご協力をお願いいたします。
 
 この工事では、アスファルト舗装の品質を向上させるために特に初期転圧の転圧時期、転圧温度に重点を置いて施工しています。初期転圧の機械であるマカダムローラーにローラー搭載型放射温度計「転圧名人」を装着しています。ローラー搭載型放射温度計とは前面に設置された放射温度計にて路面温度を測定し運転席にいながら容易に路面の表面温度を測定できるものです。よって最適な初期転圧温度110度~140度での転圧作業がおこなえます。(初期転圧とは、アスファルト混合物を鉄の車輪を持った5~6tのマカダムローラーで踏み固めて安定させること。)                               
 この工事の施工にあたり地域の方々の要望をできる限り聞き入れ畑への乗り入れ口、駐車場の整備、原の平座禅草公園の整備等をおこない、とてもよくなると地元の方々も喜んでいる道路です。                                   引き続き満足のいく品質を確保して快適にそして安全に通行できる道路作りを、作業員と一致団結して取り組んでいきたいと思います。

2021年6月30日