令和元年度 社会資本整備総合交付金事業 道路舗装工事(龍江萩ノ平)

工 事 名:令和元年度 社会資本整備総合交付金事業 道路舗装工事
工事場所:市道2-69号船渡高森線 飯田市 龍江 萩ノ平
工  期:令和元年9月10日~令和2年1月31日まで
工事内容:施工延長 L=1494mW=6.0m,舗装工A=9260m2,自由勾配側溝L=95.0m
発 注 者:飯田市役所
 
 はじめまして。今回この工事の現場代理人兼監理技術者を務めさせていただいております滝澤和也と申します。関係機関の方々と協力し合い安全第一で工事を進めたいと思いますので宜しくお願いします。
 この工事は三遠南信道龍江インターから飯田市時又までのルートを円滑に通行できるよう幅6.0mの道路をアスファルト舗装する工事です。現在は、アスファルト舗装をするため、日々路盤工の施工を作業員一丸となっておこなっています。今後も作業員の皆と協力し合い、良い道を作っていきたいと思っておりますので、工事中は近隣の皆様にご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、何卒御理解とご協力をお願い致します。

 

 ローラの運転席に座ったまま、路面温度が分かる
 ローラー搭載型放射温度計「転圧名人」を使用しています

 
 この工事では、アスファルト舗装の品質を向上させるために特に初期転圧の転圧時期、転圧温度に重点を置いて施工しています。初期転圧の機械であるマカダムローラーにローラー搭載型放射温度計「転圧名人」を装着しています。ローラー搭載型放射温度計とは前面に設置された放射温度計にて路面温度を測定し運転席にいながら容易に路面の表面温度を測定できるのです。よって最適な初期転圧温度110度~140度での転圧作業がおこなえます。(初期転圧とは、アスファルト混合物を鉄の車輪を持った10~12tのマカダムローラーで踏み固めて安定させること。)
 この道路が開通したら三遠南信自動車道龍江インターから時又、川路への利便性がとてもよくなると地元の方々も喜んでいる道路です。引き続き満足のいく品質を確保して快適にそして安全に通行できる道路作りを、作業員と一致団結して取り組んでいきたいと思います。竣工後、三遠南信自動車道龍江インターをご利用の方はぜひこの道路を通ってみてください。

2019年12月11日