令和2年度 三遠南信八重河内道路建設工事

工 事 名:令和2 年度 三遠南信八重河内道路建設工事
工事場所:長野県飯田市南信濃
工事内容:工事延長 L=300m、道路土工 1 式、地盤改良工 1 式、擁壁工 1 式
全体工期:令和2年7月10日から令和3年3月19日まで

青崩峠(あおくずれとうげ)は静岡県浜松市天竜区水窪町奥領家と長野県飯田市南信濃八重河内の間にある標高1,082mの峠です。峠付近の地質構造は、中央構造線による破砕帯となっており、山腹に広がるむき出しになった青い岩盤から峠の名前が付けられました。静岡県側・長野県側ともに、国道152号の端点から林道、遊歩道(かつての塩の道)を歩いて峠にたどり着くことができ、武田信玄による1572年の徳川領侵攻において、軍兵の一部が通過したことでも知られています。
今回の工事は三遠南信自動車道の一部として、この青崩峠道路延長13.0kmの区間内で主に補強盛土を行う工事です。緑豊かな自然に囲まれたこの一帯には希少な動植物が数多く存在するため、環境負荷を極力抑え自然にやさしく思いやりのある工事の進行に心掛けて参りたいと思います。

  ➡ この工事はICT活用工事です
-Construction の3本の柱の一つである施工の情報化(ICT施工)において、UAV(Unmanned Aerial Vehicle、無人航空機)を測量に用い、3次元計測を行います。上図は、デジタルカメラで撮影した画像を、三次元形状復元ソフトを使用して高密度な3次元点群を抽出したものです。パッと見た時に写真のように見えるかもしれませんがRGB情報を持った点の集まり(点群)で出来ています。三次元形状復元ソフトとは、空中写真からSfMにより特徴点を抽出して撮影状態を求めるとともに、撮影状態に基づきMVSにより空中写真から高密度に三次元点群を抽出し、三次元形状を復元するものです。この技術を用いて起工測量から出来形計測まで面的な測量を行います。

3Dビジュアライズした3次元CADシステムで、現場での打合せ、シュミレーション、施工フェーズでの活用例です。道路や法面などの土木施工専用コマンドに属性や情報を付加することで3D-CIMモデルを構築します。これにより、2Dデータでは分かりづらい施工前のシミュレーションをあらゆる角度から3Dで確認できると共に、モデルに付加された属性情報を一元管理し、維持管理フェーズにおいて施工情報データベースとしても活用が可能となります。

2020年7月27日

令和2年度 天竜川山吹築堤護岸工事

工事名:令和2年度 天竜川山吹築堤護岸工事
工事場所:長野県下伊那郡高森町山吹地先
工事内容:河川土工 1式、護岸基礎工 1式(プレキャスト基礎A型 L=535m)、法覆護岸工 1式
(石積(張)工 A=833m2、多自然型護岸工 A=2,180m2)、根固工 1式、水制工 1式
構造物撤去工 1式、仮設工 1式
工期:令和2年8月18日から令和3年3月26日まで

2020年8月26日

令和2年度 天竜川飯田地区堤防維持管理修繕工事

工 事 名:令和2年度 天竜川飯田地区堤防維持管理修繕工事
工事場所:飯田河川出張所管内
工  期:令和2年4月2日~令和3年3月31日
工事内容:河川維持作業 1式、河川土工 1式、法覆護岸工 1式、堤防養生工 1式、仮設工 1式
発 注 者:国土交通省 中部地方整備局 天竜川上流河川事務所

こんにちは。令和2年度 天竜川飯田地区堤防維持管理修繕工事の主任技術者を務めさせていただきます石黒 良光と申します。この工事では1級河川天竜川の堤防の異常(陥没や亀裂など)を早期発見するために除草作業を行なったり、出水時における大水が河川内を上手く流れるよう河川内の樹木伐採を行います。また、河川構造物等の機能回復を目的に維持修繕工事も並行して行っていきます。堤防道路上を規制しての作業が多く、地元関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ご協力をお願い致します。
 
 2016年に国土交通省ではi-Constructionと銘打ち工事現場でのICT技術の全面的な活用を行い、生産性2割向上を目指すという目標を掲げました。これは、人口減少や高齢化が進む中にあっても、社会資本の整備の担い手となる私たち建設業が、その役割を果たすために、生産性向上が必要であることと、若い担い手確保のため休日の拡大等による働き方改革や働く人の賃金水準の向上、建設現場で例えられる3K「きつい、危険、きたない」 から「給与、休暇、希望」 という新しい3Kを目指してこの様な取り組みを始めました。当現場の河川土工においてもICT技術を用いて、3次元設計データを作成しICT建機にて施工を行なう予定です。

2020年5月29日

令和2年度 県営中山間総合整備事業 高森地区 千早原舗装その2工事

工 事 名:令和2年度県営中山間総合整備事業 高森地区 千早原舗装その2工事
工事場所:下伊那郡 高森町 出原
工  期:令和2年7月2日~令和2年10月29日
工事内容:舗装工事 施工延長307m W=5.0(6.0)m  A=1,892m2 他工事
発 注 者:南信州地域振興局 農地整備課
 
 当工事の現場代理人兼、主任技術者を務めさせていただきます、杉浦 尚と申します。
この工事は、前年度工事で拡幅した道の舗装工事を施工します。最後の仕上げとなる施工なので出来形、品質管理を確実に行い、又、地元関係者の皆様のお話をよく聞き、より良い道路になるように邁進します。工事着手は8月のお盆明けを予定しております。
 本工事では、週休2日制を取り組み当現場の従事者のライフワークバランスを安定させ、安心して働くことができる現場環境にしたいと思っております。
 施工箇所周辺には、果樹園や畑などが隣接しています。通行止めにて作業を行うため地元住民、農家の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ご協力をお願い致します。
 
 ★舗装温度管理(赤外線放射温度計)
 舗装の適切な転圧温度を一目見ただけでわかるように、転圧機械にこの温度計を設置し安定した品質を目指します。舗装は、適切な温度で転圧をしないと平坦性の低下、ヘアクラックなどを引き起こし、品質や施工性の低下を引き起こします。この機械の特徴として、転圧する機械に赤外線センサーを取り付け、施工中の敷均した舗装の温度をオペレーターがモニターを見るだけで把握し、適切なタイミングで転圧できるようになり、施工効率をアップします。
 ★熱中症対策
 施工開始の予定がお盆明けの暑い時期となります。現場内には日影があまりなく、又、舗装施工中はアスファルトの熱により体感温度がかなり上昇するため、作業員が熱中症になる危険性があると考え、仮設のテントを設置し、そこで少しでも休憩できるようにと考えています。テント内にはミスト扇風機、塩飴や水分補給のための水筒を設置し作業員の方たちがそこで休憩できるようにして、熱中症へのリスクを軽減できるように配慮します。

2020年7月27日

令和2年度 老朽管布設替工事

工 事 名:令和2年度 老朽管布設替工事
工事場所:飯田市上郷 下黒田
工  期:令和2年7月15日~令和3年1月29日
工事内容:線路延長 L=805.0m【水道用ダクタイル鋳鉄管(DIP)】
GX形φ100 L=770.0m GX形φ75 L=35.0m 仕切弁φ100 N=5基 仕切弁φ75 N=4基
地下式消火栓 N=2基
発 注 者:飯田市
 

 当工事の現場代理人を務めさせていただきます、三石翔太と、主任技術者の滝沢和也と申します。
 この工事は路線延長が805.0mと非常に広い範囲の工事になります。その中でもそれぞれ3つの路線に分かれており、交通規制を伴う工事の為各所に看板の設置や迂回路表示などを行い安全に施工したいと思います。工事着手は8月下旬を予定しています。
 老朽管布設替とは、長年使用してきた水道管が劣化等により破裂、損傷した場合に市民の生活に大きな影響を与えることになります。その為、今回の工事のように新しい水道管を新設することによって、安心して水を使用することができます。
 また、全面通行止めや、工事車両の通行があり地元住民の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ご協力をお願い致します。

 
 今回の工事では【水道用ダクタイル鋳鉄管GX形】を使って施工します。この管の特性としては耐久性が良く強度も有り衝撃に強く、金属材料の中では腐食にも強い本管です。
 更に本管の周りにはポリエチレンスリーブを被覆することによって土壌と本管との直接の接触を防ぎ、防食効果がより高くなります。
 また、本管の周りにはエポキシ樹脂粉体塗装が施されているので、高度の高い防食性、耐久性を持ち溶剤を含まない焼付型塗装である為水質衛生性にも優れています。このような本管を使用して施工するので、破損等の心配もなく地元住民の方も安心して頂けると思います。
 また安全管理として夏場での作業は熱中症が懸念されるので、簡易テントとミスト扇風機の設置、塩飴やスポーツドリンクで塩分水分の補給、安全教育時には熱中症対策について教育を行う予定であり、熱中症災害の防止を重点的に行います。
 施工管理では管路掘削時、埋設物がある可能性があるので慎重に掘削作業を行い埋設物があった場合は手作業で作業を行います。工期末の1月頃には本復旧舗装を施工する予定なのでアスファルト合材が冷めないよう、製造プラントとの連携、運搬時のシート2枚掛、施工中の温度管理などアスファルト舗装の品質管理を徹底します。

2020年8月1日

令和元年度 リニア代替地整備事業 排水路整備工事

工 事 名:令和元年度 リニア代替地整備事業 排水路整備工事
工事場所:飯田市 上郷飯沼
工  期:自 令和2年1月20日 至 令和2年9月30日
工事内容:管路敷設工 台付管φ900L=124m ハウエル管φ900L=155m 人孔設置工 7基
発 注 者:飯田市リニア推進部 リニア整備課
 
 当工事の現場代理人を務めさせていただきます、小山 和博と申します。大径(直径90㎝)の排水管を深い位置に設置する工事になりますので、掘削後崩落を防止する土留めを設置し、排水管の設置後土留めを外しながら埋戻しを行います。また既設の水道管、下水道管を交わしながら施工するため、工事の進みが遅くなると思われます。
 近隣の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、安全第一に心掛け事故の無い様進めてまいりますので、何卒ご協力の程お願い申し上げます。
 

2020年6月17日

令和元年度 三遠南信小豆沢工事用道路建設工事

工 事 名:令和元年度 三遠南信小豆沢工事用道路建設工事
工事場所:長野県下伊那郡喬木村氏乗
工  期:令和1年7月11日~令和2年3月25日まで
工事内容:道路土工 1式、仮設工 1式
発 注 者:中部地方整備局 飯田国道事務所
現場代理人:森本 聖大  監理技術者:吉沢 潤一
 
 はじめまして。今回この工事の現場代理人を務めさせていただきます森本聖大です。
入社3年目から、長野県発注の治山工事、国土交通省発注の天竜川維持工事、飯田市発注の外構工事を担当させていただき、2019年7月から三遠南信小豆沢工事用道路建設工事に携わっています。
今回の工事は三遠南信自動車道を工事するための工事用道路を鋼製の仮橋で延長し道路をつくっていく工事です。
 飯田国道事務所の工事を現場代理人として携わるのは今回が初めてで不安や心配はありますが、協力会社の方々と協力し合い工事を進めていきたいと思います、工事期間中、地域の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、安全第一で工事を行っていきますので、ご理解ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 

 三遠南信自動車道〔飯喬道路〕の工事を行っています
 
 飯喬道路は、三遠南信自動車道の起点である飯田市山本の中央自動車道~同市上久堅の飯田上久堅・喬木富田ICを経て喬木村の喬木ICに至る22.1kmの自動車専用道路です。
 飯喬道路は、既存の中央自動車道と有機的に結びついた高規格幹線道路の効率的ネットワークの形成、高速サービス圏域の拡大に資する区間であるとともに、飯伊地域の中心都市飯田市に集中する交通の分散を図る観点からも、一般国道151号、153号、256号をハシゴ状に結ぶ環状道路としての整備が必要な区間です。
【整備効果】①「高規格幹線同道路網を補強し、広域的な交流促進を実現」飯喬道路小川路峠道路開通により、飯田市役所からの1時間圏内が拡大します。②「地域経済基盤構築の支援」長野県全体の観光客が減少するなかで、南信濃への観光客の伸びは著しいものがあります。飯喬道路、小川路峠道路の整備による「広域的交流促進」「生活道路の安全性・信頼性向上」等の効果により、遠山地域< 遠山温泉鄕>への観光客の更なる増加が期待でき、地域の経済の発展・活性化が期待できます。
 そのためにも良質で安全な道を作る必要があります。良質で安全な道を作るには、まず自動車道を作るための工事用道路から良質で安全な道路を作る必要があると思うので作業員の皆さんと協力し合い良質な道を作っていけるよう頑張っていきます。

2019年12月11日

令和元年度 小渋ダム土砂掘削工事

工 事 名:令和元年度 小渋ダム土砂掘削工事
工事場所:長野県上伊那郡中川村大草地先
工  期:令和2年3月25日~令和2年12月25日
工事内容:河川土工(掘削工20,000m3、残土処理工20,000m3)・仮設工1式
発 注 者:中部地方整備局 天竜川ダム統合管理事務所
 
 今回この工事の現場代理人 兼、監理技術者を務めさせていただきます 太田 宏と申します。
この工事は、大雨時の災害発生を低減する目的で、小渋ダム内に溜まった土砂を掘削して外へ出し、ダム内に多く貯水させるための浚渫工事です。
 今回の施工箇所は県道59号線(松川インター大鹿線)滝沢橋下の堆積した土砂の掘削と、ダム湖内仮置場からの土砂受入れ地までの搬出する工事の為、大型ダンプトラック十数台が一般道路の運行により、近隣の皆様に ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、何卒御理解とご協力をお願い致します。
 

2020年5月6日

令和元年度 県単道路橋梁維持(舗装修繕)ゼロ県債工事

工 事 名:令和元年度 県単道路橋梁維持(舗装修繕)ゼロ県債工事
工事場所:(主) 松川インター大鹿線 下伊那郡大鹿村 元大島~滝沢
工  期:令和2年4月7日 ~ 令和2年11月2日
工事内容:舗装補修工(切削オーバーレイ工)L=650m W=8.0m A=5,200m2
発 注 者:長野県飯田建設事務所
 
今回この工事の現場代理人を務めさせていただきます 片桐幸裕 と申します。
道路の舗装は、長年の交通で自動車の荷重や気象条件などの外的作用、舗装自体の老朽化等により舗装が摩耗して薄くなってしまったり、わだち掘れ、ひび割れ等により交通の安全性に支障を生じます。この工事は、上記のようなことが原因で傷んでしまった舗装の表面を削り、舗装しなおすための工事です。
 本工事の施工箇所は、県道59号線(松川インター大鹿線)にある滝沢橋の東から松除橋までの区間で作業を行います。当地区は現在リニア中央新幹線の工事が行われ、多くの工事用の大型ダンプ等が通るなかでさらに片側交互通行で施工するため、地元関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願い致します。
 

〇切削オーバレイ工とは、
アスファルト舗装の表面に連続的に凸凹が発生し、平坦性が極端に悪くなった場合などに、専用の建設機械により道路舗装部を表面から何cmか(本工事では約5cm)すきとり、新たに新設舗装(本工事では約5cm)を行う工事です。主に経年劣化による路面のわだち掘れや不陸が生じた場合などに一般的な修繕工法として行われます。

2020年5月12日